あなたのガレージから農業プロパンガスヒーターを取り除く3つの理由

1 – 潜在的に有害なフューム

2 – 爆発性と可燃性

3 – 金型と真菌

プロパンガス加熱器は、ガレージを加熱するための安価な方法である。さまざまなサイズのプロパンガスヒーターを見つけることができます。プロパンガスヒーターは安価で使いやすく効果的ですが、ガレージで使用しない理由があります。この記事では、これらの理由のいくつかについて説明します。

プロパンは吸入しない限り安全なガスです。ほとんどの天然ガスのように無臭ですので、漏れがある場合は、それが遅すぎるまでそれを知ることはできません。本質的に、タンクが取り付けられているプロパンガスヒーターのシールは故障する可能性があります。これはあなたのスペースにガスを入れることができます。それを吸うと、あなたが眠りにつき、最終的に窒息する可能性があります。

プロパンは非常に可燃性の燃料であり、ヒーターやグリルに最適です。シールに尾骨がある場合、タンクは火炎に接触すると爆発する可能性があります。反対側では、プロパンガスヒーターからの熱がガレージ内の材料をテレピンのような発火させる可能性があります。

プロパンガスヒーターが働くので、ガレージ内の湿度も上昇します。この湿度の上昇は、潜在的に危険な微生物のための完璧な交配地である。