あなたのガレージワークショップを加熱する4つの最良の方法

1.赤外線ヒーター

2.木材燃焼ストーブ

3.放射熱

4.天然ガス

トピック

あなたが冬の間にガレージワークショップを使用する場合は、熱源を取り付ける必要があります。寒い季節にワークスペースを快適に過ごす最善の方法はここにあります。

ガレージ・ワークショップを加熱する最善の方法の1つは、赤外線ヒーターを使用することです。プロパン、天然ガス、または電源で作動する赤外線ヒーターを手に入れることができます。ガレージの場合は、換気について心配する必要がないように、電気ヒーターを検討することをお勧めします。

赤外線の大きな点は、伝統的なヒーターほどの電力を使用しないことです。このタイプのヒーターは、空気を加熱するのではなく、周囲の物体を実際に加熱します。それは、オブジェクトに光線を送り、接触したときにそれらを加熱するので、太陽とほぼ同じように機能します。 1つの小さなヒーターがガレージ全体を加熱することはできませんが、ワークステーションで指している場合は暖かいはずです。

あなたが考えるかもしれないもう一つの選択肢は、薪ストーブです。このタイプの場合、煙がガレージから出るように適切な換気装置を取り付ける必要があります。

薪ストーブを使用することで、生産可能な熱量を大幅に増やすことができます。ウッドは他のほとんどの熱源よりも安価です。唯一の欠点は、常に木材を加える必要があることです。他のオプションよりも少し時間がかかります。

放射熱はより複雑な解決策であり、ウォールパイプを壁またはガレージの床に設置する必要があります。システムは水を加熱し、パイプを通してそれを運びます。その後、ガレージ内の周囲の空気に熱を伝達します。

このプロジェクトは高価で時間がかかるため、一部のアプリケーションでは実用的でない場合があります。ただし、このシステムをインストールした後は、最も経済的なオプションになります。

考慮すべきもう一つのオプションは天然ガスヒーターです。木製のストーブと同様に、このタイプのヒーターは換気が必要です。また、このヒーターには、一定のガスラインを装置に取り付けるか、必要に応じて再充填するためのスタンドアローンガスタンクを取り付けることによって、天然ガスを一定に供給する必要があります。このヒーターは、最も寒い月に最適な快適さのために大量の熱を生成します。