あなたの湯沸かし器を配線する5ドーズとドント

1.給湯器の配線:水と配線

2.温水ヒーター配線DO:電圧テスターを使用する

3.温水ヒーター配線なし:露出したワイヤーをクランプする

4.温水ヒーター配線DO:電源を接地する

5.温水ヒーター配線DO:疑わしいときは、専門家を雇う

ホットメーターヒーターを配線することは、間違いなく最も経験豊かな人でさえも、あなたの仕事のためにやっかいな仕事の一つです。ほとんどのアメリカの電気製品はわずか110Vで動作しますが、ほとんどの温水ヒーターは非常に危険な240Vで動作します。そのため、単なる天井の光線などを配線する場合よりもはるかに高い危険性があります。配線やその他の電気プロジェクトで多くの経験を積んでいても、このようなプロジェクトに入る前に給湯器を配線することは基本的なやり方の中には留意しておくのが良いです。詳しくは、読んでください。

あなたの湯沸かし器を配線する際に考慮すべき最も重要なことの一つは、ヒーターがどの段階に水で満たされるべきかということです。忘れないでください:すべての配線が完全に終わるまでタンクを満たしてはいけません。あなたが走っている間にタンク内に水分が存在する場合、ワイヤをねじったり操作したりすると、感電の危険が非常に高くなります。また、満杯になる前にタンクに電力を供給するサーキットブレーカをオンにしないでください。ジュースが流れ始める前にタンクに水を満たしておく必要があります。

電圧テスタは、あらゆる電気工事に不可欠なデバイスです。特にこのプロジェクトのようなリスクが高い場合は、ブレーカとコンセントを二重にチェックし、電流がないことを確認できるようにしてください。

多くの電気工事の場合と同様に、給湯器の配線の一部には電線コネクタを通したワイヤが含まれており、クランプで固定します。クランプがワイヤの保護されシースされた部分にのみ接触することを確認してください。露出したワイヤの部分をクランプしないでください。

温水器の配線時に覚えておくべき最も重要なことの一つは、電源を接地することです。これは、絶対的な安全に欠かせないものであり、ショックのリスクを最小限に抑えることを保証します。これを行うには、適切な回路ボックスのアース端子に温水暖房配線の一部である緑線を通す必要があります。

あなたが何をやっているのか混乱しているか不明な場合は、配線プロジェクト中のいずれかの時点で停止してください。偶発的に配線の破損を起こすと、けがや死に至るリスクが大きすぎます。疑いの余地があるときは、プロのためにギグをするためにあなたのプライドとシェルを呑み込んでください。あなたはいつも、彼らが働いているのを見ることができ、次回のために学び、より良いアイデアを得ることができます。