シリコーン接着剤をすばやく乾燥させる4つのヒント

1.ファンを使用して接着剤を乾燥させる

2.乾燥触媒を添加する。

トピック

シリコーン接着剤は、時にはシリコーンシーラントとして知られており、幅広い用途に広く使用されています。シーラントや接着剤としての利用は競合他社ほど強くはないが、シリコーンは完全に乾燥または硬化しても大きな柔軟性を持ち、その柔軟性のため人気があります。シリコーンシーラントは高温にも簡単に耐えることができ、高熱にさらされる用途に最適です。

これは、自動車産業の多くの用途、特にエンジンを密閉するための補助として、定期的に使用されている。その柔軟性は、様々な工芸品や趣味が関わる限り、シーラントとしての良い選択肢にもなります。

何を使用していても、シリコーンシーラントの乾燥時間を短縮するためのヒントをいくつかご紹介します。あなたが最近いくつかを適用していて、例えばそれをペイントする必要があった場合、より速い硬化プロセスがあなたの最大の関心事になります。

シーラントは乾燥しても濡れて見える傾向があることに注意してください。これらの方法を試す前に、タッチテストを行って実際に濡れているかどうかを確認してください。

接着剤を乾燥させる最も簡単な方法の1つは、ファンまたはヒートランプを使用することです。あなたがヘアドライヤーを持っている場合は、ヘアドライヤーでドライシールすることができます。

注:硬化時に接着剤が極端な温度になることがありますが、硬化段階で極端な温度にさらされると、いくつかの悪影響が生じる可能性があります。ブロードライヤーを使用する場合は注意してください。それは適度な温度に保つ。

非常に頻繁に、シリコーン接着剤は、市場で容易に入手可能な促進剤の助けを借りて迅速に乾燥させることができる。あなたはまた、治癒時間を短縮するのに役立ついくつかの追加の触媒を使用することができます。

蒸留水を少量混ぜることで硬化時間を短縮することができます。水の量は1ポンド毎に約1杯です。ちょうどあなたが硬化が不均一に起こるのを防ぐために水を完全に混ぜることを確認してください。

3.極度の温度での保管を避ける。

あなたのシリコーン接着剤は、暑い夏の間にガレージのツールボックスに保管するなど、極端な温度で保管しないでください。あなたの製品を使用した後、まだ使用されていないものは、過熱を避けるために保管しておく必要があります。これは「グロビー」になり、すぐに乾くことはありません。

注:明確にするために、シリコーン接着剤が硬化している場所をどこに残すべきかを指していません。使用した製品は、温度をあまり考慮せずに乾燥させないでおくことができます。

4.接着剤を購入する際の有効期限を確認する

チューブの日付をチェックし、期限切れでないことを確認してください。この小さなディテールは、特に購入時に見落とされがちですが、シリコーンシーラントはその有効期限を過ぎると変化します。

チューブが古くなったり古くなった場合は、乾燥に時間がかかります。ほとんどのチューブには、乾燥に要する時間が記載されています。溶媒が上記の時間より長くかかる場合は、チューブが古いために起こりそうです。これを覚えておいて、買い物をしているときは、チューブを購入する前にそのチューブの日付を読んで、チューブを入手してもそれに先立って効力があることを確認してください。