ジャイロスコープを構築する際の安全上の懸念

研究

保護服を着用する

建設ログがあります

ローターを固体にする

ジャイロスコープは、1920年代初頭に発明された小型ヘリコプターに似ており、回転する回転翼を使用して揚力を発生させることができます。ジャイロは垂直に離陸して着陸することはできませんが、見守ることはまだ魅力的であり、子供のための素晴らしい屋外活動として楽しんでいます。巨人はまた、彼らの友人とジャイコプターレースを保持します。 Gyrocopter愛好家は、これらの小さな飛行機は多くの優れた特性を持っていると言いますが、その一つは手頃な価格です。さらに、ジャイロは機械的にシンプルで複雑な配線や技術を必要とせず、子供でも構築できます。

市場で既製のジャイロを購入し、できるだけ早く飛び回ることができます。しかし、独自のジャイロスコープを構築する場合は、製造元のマニュアルに記載されている指示に従ってください。さらに安全で無事故な飛行を確実にするために自走式ジャイロスコープを構築する際には、安全上の懸念事項を遵守することが不可欠です。

もちろん、ジャイロスコープを構築する際に安全性が最優先事項ですので、信頼できるメーカーまたはサプライヤーからキットを購入してください。独自のジャイロスコープを構築する最善の方法は、市場からジャイロスコープキットを入手することです。ジャイロキットキットの価格は、最低7,000ドルから最高30,000ドルです。安価な製品ではなく、常に高品質の製品を購入してください。これらは標準以下の部品を持つ傾向があります。評判の良いジャイロセンサーのサプライヤーをオンラインで検索し、価格や品質などのいくつかの要素を検討してください。キットを手に入れたら、すべての部品の損傷を点検します。すべての部品が含まれているかどうかを確認することも重要です。あなたの潜在的な悪夢の1つは、あなたのジャイロスコープを構築するときに途中で欠けている部分があることを発見することです。

部品を一緒に組み立てるには、電気ドリル、スーパーグルー、カッターなど、潜在的に危険ないくつかのツールを使用する必要があります。これらの工具を安全のために使用する場合は、必ず手袋を着用してください。また、さまざまな部品を一緒に溶接する必要がある場合は、保護シールドを装着する必要があります。

それは不合理に聞こえるかもしれませんが、あなたのジャイロスコープ構築の日記を持っている間は、その過程で多くの助けになります。実際、連邦航空局(FAA)は、規則を遵守するだけでなく、安全対策のために独自の建設ログを用意する必要があります。建設ログは、達成したことを振り返るだけでなく、建設プロセス中のすべての作業時間と写真も含みます。

誤動作や事故を避けるため、ローターを強くしてください。ジャイロスコープは飛行するためにプロペラによって駆動されることを覚えておいてください。それは上にプロペラを持っているかもしれませんが、ローターは建物を建てるときに目をつけておくのが最も重要です。金属製のモデルを使用する場合、通常の接着剤ではロータをしっかりと強くするには十分ではありません。金属のために使うのに最高のものは超接着剤です。超強力であることを除けば、それはプラスチック接着剤に比べて安い。