ベンチグラインダーをコンクリート床に取り付けるための4つのヒント

右のスポットを選ぶ

偶数面

その周りに構築する

右のボルト

ベンチグラインダーはサイズやスタイルが異なり、取り付けがややこしい。より小さなバージョンは、作業台の上部に直接ボルト止めすることができます。より大きなベンチグラインダーは作業エリアのコンクリートに直接ボルト止めすることができます。これは非常に丈夫な作業面を提供しますが、いくらか永久的です。次の記事では、ベンチグラインダーをコンクリート床に取り付ける方法に関するヒントを紹介します。

ベンチグラインダーはかなり大きなものです。床に取り付けるときは、どこに置いても満足できるでしょう。あなたのニーズの中心となる場所を選択してください。あなたがテーブルソーを使用するよりもベンチグラインダーを使用するより多くの時間を費やす場合は、より顕著な場所にベンチグラインダーを置く。ベンチグラインダーを使用している間に発生するようになっている火花のために、あなたはそれをテレパティーンに溜まったぼろから遠くに保つべきです。また、壁から離れて足を持ってみてください。

あなたのガレージは平らに見えるかもしれませんが、不均一な表面に機械を置くと問題を引き起こす可能性があります。たとえコンクリートが注がれる前に、あなたに水平な床を与えるために大きな注意が払われても、地面にわずかな傾斜だけでなく沈降も起こります。レベルを使用して床のいくつかの場所に配置して、最も高いレベルのエリアを見つけます。レベルをチェックするときは、ベンチグラインダーのサイズを考慮してください。ベンチグラインダーを不均一な表面に置くと、作業が完璧にならないことがあります。あなたが白い部分を使って “X”でマークしても表面が見つかるとその後、ベンチグラインダーの最適な位置を決定することができます。シムとして木材を使用して、床に固定する前にベンチグラインダーを平らにすることもできます。

多くの人が作業場全体を使用することを好んでおり、ベンチグラインダーが床に固定されていても使用できます。ベンチグラインダーを置きたい場所に置き、グラインダーの周りに作業台を建てたり動かしたりしてください。このようにして、トップは水平になり、作業するスペースが確保されます。当時は多くの作業のように思えるかもしれませんが、最終的な結果は完璧な作業領域です。

ベンチグラインダーをコンクリートに取り付ける場合は、ベンチグラインダーを保持するだけでなく、コンクリートを保持するボルトを使用する必要があります。小さなボルトを長さと厚さの両方で選択すると、ベンチグラインダーの安定性が損なわれるだけです。直径が少なくとも3/4インチ、長さが4から6インチのボルトを選択することが重要です。このサイズのボルトは、コンクリートスラブと厚さに固定するための長さを与え、設置中に曲げたり剪断したりしないようにします。