ロータリーハンマーの3つの用途

解体

森の穴をあけるとき

ピン配置時、アンカーボルト配管およびダボス

回転ハンマーは、特にコンクリートまたは他の丈夫な材料に、穴を開けるために使用される工具である。できるだけ簡単に掘削することができるように発明されており、ロータリーハンマーの助けを借りて、通常の1時間の掘削期間はわずか5分の掘削時間にまで短縮されることに気づいた人々がいます。ロータリーハンマーを効率的にするのは、それがドリルに回転するだけでなく、プッシュ&プルモーションを使用してドリルで高いインパクトを作り、素早く簡単に穴を開けることです。このタイプの電動工具には多くの用途があります。最も一般的なものは、コンクリート壁を掘削または破壊するための解体作業です。このツールの驚くべき点は、ハンマーとチゼルを使って穴を開けようとすると非常に面倒な立場にあるコンクリート製の天井にも使用でき、非常に多くの時間とエネルギーがかかることです。

では、いつこのツールを使用しますか?ロータリーハンマーは基本的にコンクリートや丈夫な材料に穴を開けるために使用されます。以下は、回転式ハンマーの最適な用途です。

ロータリーハンマーは、最も頑丈なコンクリートでさえも破壊するのに十分な力を提供する電動工具です。プロフェッショナルは、このツールを使用して解体を実行するときに壁を破壊します。コンクリート壁に新しい窓をはめ込むときは、きれいな仕事が必要です。これはあなたにとって最適なツールです。ロータリーハンマーのパワーは、特徴的な圧力とともに様々な動きを使用し、その結果、きれいな掘削プロジェクトになります。ブロック、活き活きとしたタイルを含むすべてのタイプのコンクリートを分解することができます。また、それを奇妙な位置で使用することもできます。

ロータリーハンマーが掘削のみの設定に設定されていると、穴に穴をあけることができます。それは非常に厳しいので、これで掘削すると木が壊れると考えるかもしれません。この電動工具はドリル用に設計されているので間違います。それについての良いことは、通常のドリルと比較すると、通常のドリルを限界まで押し込む必要があるということです。しかし、回転式ハンマーでは、あなたの仕事は人力を使わずに済んでいますが、よりよい結果が得られます。

ドアやキャビネットや壁に掘削が必要なもののためのボルトを配置するとき、通常の問題は、通常のドリルでは、それに圧力をかけてマシンを限界まで押し上げる必要があるということです。通常起こるのは、穴がきれいではないことです。コンクリートが破壊され、より多くの問題を引き起こします。ロータリーハンマーのような適切な工具を使用すると、穴がきれいになり、壁が損傷することがなくなり、機械を押したり、穴をあけるのに多大な労力をかけたりする必要がありません。