ワークショップのための4つのアイデア

アイデア#1:本棚のようなワークショップのキャビネット

アイディア#2:調節可能な棚

アイデア#3:追加の棚

アイデア#4:キャビネットフレーム

その他の役立つヒント

ワークショップの場所は信頼できる作業台のほかに、しばしば実用性を高めるためにワークショップキャビネットの使用を必要とします。ここには、人々が自分のワークショップの場所で行うことができるワークショップのキャビネットのアイディアがいくつかあります。以下の説明では、ワークショップキャビネットを構築する方法についても説明します。

ブックケースに似たワークショップキャビネットを作成することをお勧めします。このタイプのキャビネットは、ワークショップエリアに非常に便利です。ブックシェイプのようなワークショップキャビネットは、ワークショップの一部であるツール、プラン、論文、その他の参考文献を単に保存できるので、職場で便利です。それは、テーブルや机のすぐ隣に置くことができます。作業者は単に材料を積み重ねる場所を増やすことができます。本棚のような棚のない単純なキャビネットはあまり役に立たないかもしれません。書棚のようなワークショップのキャビネットは、職場内の混乱を防ぐのに役立ち、かなり簡単に構築できます。人々は必要に応じてキャビネットの仕様をカスタマイズできます。

しかし、ブックシェルフを模倣したワークショップのキャビネットは良いアイデアですが、いくつかの変更を加えることも良いことです。実行可能な別の実用的な革新は、調整可能な棚を導入することです。良いワークショップのキャビネットデザインは、下に2つの引き出しがある本棚のようなキャビネットです。これらの引き出しは、紙やその他の書類の収納スペースとして役立ちます。調節可能な棚は、所望の高さに配置することができる。この追加は、サポートと高さ調整のためにペグを使用して行うことができます。

追加のシェルフをインストールすると、ブックやその他の参考資料など、平均サイズよりもわずかに小さいものなどに便利です。ほとんどの場合、スペースがあまりにも大きいので、小さなものは大きなコンポーネント用のストレージスペースを台無しにする傾向があります。一部は散在し、混乱しています。彼らのサイズに合ったスペースにそれらを保管する方が良いでしょう。これは物事が混乱したり散らばったりするのを防ぐのに役立ちます。

ほとんどのキャビネットフレームは平らにできます。両側は、通常、上と下の両方に突出したほぞを使用して分割されます。ほぞの縁を軽く叩き、サンドペーパーを使用して滑らかにする必要があります。これは滑らかで高度に磨かれた丸みのある外観を実現するのに役立ちます。ペグは、厚い厚板に穴をあけることによって配置することができます。それぞれの直径は約1/2インチを測定する必要があります。

以下のアイデアは、最も簡単な方法でワークショップキャビネットを構築するのに役立つはずです