半光沢塗料の下にマットホワイトプライマーを使用しない3つの理由

理由#1:半光沢ペイントのハイライト表面の欠陥

理由2:前の色のカバレッジの欠如

理由3:接着の欠如

セミ・グロス・ペイントの下で使用するプライマーは、完成した塗装を増強するか、または低下させることができます。半光沢塗料の下にマットホワイトプライマーを使用することを避ける3つの理由を以下に見てください。

セミグロス塗料の絹のような質感と反射率は、特にアルキド(油性)配合を使用している場合、壁面のあらゆる欠陥を拡大します。マットな白色プライマーは、油性プライマーよりも乾燥後の粗い感触を有し、この粗さは半光沢の下で見えるであろう。

多くのプライマーは、半光沢塗料の下で既存の色を効果的に覆うために1枚のコートであまりにも薄くてもよい。より不透明な表面のためにプライマーの2つのコートを塗ることができますが、これは時間がかかり、塗料の最終コートの下に表面粗さをもたらすことがあります。

ラテックス配合のマットホワイトプライマーは、半光沢塗料がアルキドプライマーのように強く付着することを許さない。プライマーは数ヶ月間粘着性を残し、半光沢のアルキド塗料が滑らかで硬い表面仕上げを形成するのを防ぎます。ペイントとプライマーの同様の公式は、より良い結合のためにあなたの壁にあなたが望む微妙な煌きを与えるために作る。