屋根の排気ベントオプション

リッジベント

電源ベント

スタティックベント

屋根や屋根裏部屋に新しい排気口を設置することを検討している場合は、新しいシステムが自宅のための最も効率的で適切な排気口になるように慎重に検討することをお勧めします。下に、3つの重要な種類の屋根排気口の基本的な説明があります。それらのそれぞれは、それ自身のポジティブおよび対応するネガティブの両方を有する。

あなたが気づいておきたい最初のタイプのルーフベントは、リッジベントとして知られています。これらの通気孔は、屋根の一番上にある尾根に座っていて、暖かい空気を家の屋根裏部屋から逃がすことができるので、名前が付けられています。これらの通気口は屋根の上部にある屋根板の一部として現れるように偽装されているため、肉眼ではほとんど見えません。これらの通気孔は、屋根の屋根が付いた居住用住宅で最も一般的な選択肢です。暖かい空気が上昇するので、外部から屋内に空気を流入させることなく、屋根裏から外部に自然に空気が引き込まれる。これはあなたの家を換気するための一般的で効率的なオプションです。

あなたの屋根のための第2のタイプの換気システムは、パワーベントとして知られています。このタイプの通気口は、電動ファンを使用して、屋根裏部屋から周囲の空気の中に空気を移動させます。このタイプの通気口は、通常、特定の温度および湿度の両方を維持するためにサーモスタットと湿度調節装置の両方を使用します。これはあなたの家に持ち込むための非常に便利なオプションですが、あなたの家が好きなように規制されていることを保証するものでもありますが、コストもかかります。

ファンに電力を供給するために電気が関与するときはいつでも、それをエネルギーコストで支払う必要があります。あなたが関連するエネルギーコストを心配していないなら、これはあなたにとって良い選択肢かもしれませんが、電源ベントを設置する決定を下す前に、必ず意識しておくべきことです。

最後に、静的通気口は、屋根裏部屋を冷やし、あなたの家の温度と湿度の両方を調整するための排気換気オプションのさらに別のタイプです。静的通気孔は、屋根裏部屋の壁にある単純な開口部で、適切なときに空気の出入りを許可します。ルーバー、木製スラット、小さな窓、または風力タービンの使用によって、通常は手動で開閉されます。

静的通気孔は、設置が比較的容易であり、運用コストが低いため、一般的な選択肢です。一方、これらの通気孔は、上記の他のオプションよりも外部からの空気の吹き込みの危険性が高いです。その結果、風通しの悪いときや雨が降ったときに通気口を閉じるのを忘れると、これらの通気口は実際には逆効果になる可能性があります。それでも、静的通気孔を適切に使用すると、大きな選択肢となります。