木製のデッキの手すりの3つのスタイル

ユニバーサルウッドデッキの手すり

2.水平なスタイル

3.カスタムルックアンドシェイプ

ウッドデッキの手すりは、すばらしい屋外リビングエリアへの最後の仕上げタッチです。さまざまなスタイルの木製デッキの手すりで、自宅の自宅所有者は自宅や風景に多くの性格を加えることができます。デッキの手すりとは、レールと柱の両方の全体を指します。あなたのデッキを完成させる方法を探しているなら、ここでいくつか考えてみましょう。

デッキの手すりへの普遍的な外観は、上端と下端の梁として機能する2×6のボードに取り付けられた標準的な2×2の斜面付きの杭です。

木製のデッキの手すりを設計する別の方法は、同じタイプの木を使用することですが、水平な構成にします。これにより、普遍的な手すりに少し違った外観が加えられ、デッキにも安全性がもたらされます。

普遍的な2×2の面取りされたスラットと2×6のジョイストのほかに、あなたが選んだ形やスタイルのデッキの手すりを構成することができます。合板製のシースや屋根板、大きなプランター、または小さな木製のスラットで複雑なデザインの2×4フレームを使用してください。あなたの木製デッキレールの外観をカスタマイズするときには、それが地元の建築基準を満たしている限り、任意のタイプの構成を選択することができます。