生ハメ木槌を使用する5つの利点

1.ワークピースに対する損傷の軽減

2.低騒音レベル

3.安全性の向上

4.汎用性

5.耐久性

通常のタイプ以外に生ハチドリの槌を使うのは良い考えです。このハンマーには木製のハンドルがあり、頭部には生皮が面した金属製です。生皮は、ハンマーヘッドをより軽い衝撃で打つようにさせる。より一般的に使用されているマレットの1つではありませんが、生ハメハンマーは特定の用途に非常に便利です。以下に、生ハメのハンマーを使用する5つの利点があります。

いくつかの仕事はハンマーの使用を必要とするが、衝撃は規制されなければならない。生皮マレットは、ワークピースの表面ができるだけ壊れないことが重要である場合に理想的です。通常のハンマーはハンマー打撃時に傷や窪みの原因となります。しかし、生ハイドのタイプでは、コントロールされた衝撃でハンマーで打つことができます。それは、しっかりとした穏やかな打撃をワークピースに届ける。これは、アイテムの表面状態を可能な限り維持するのに役立ちます。あなたがいくつかの革の仕事を引き受けるつもりなら、マレットはあなたが革の様々な模様を簡単に彫刻するのを助けます。生皮ハンマーは、宝石製造および様々な電子組立作業において有用である。また、金属シートの変形を最小限にすることが望ましい繊細な金属作業にも有用である。

多くのハンマーを必要とする仕事は多くの騒音を発生させます。ローハイドのマレットは通常のマレットよりもノイズが少なくなります。生皮が面したハンマーは、作業中にノイズの量を少なく抑える必要がある場合に便利です。また、生皮に面していることで、耳に大きな衝撃が加わるのを防ぐことができます。

生ハイドレットの槌で怪我のリスクが大幅に軽減されます。スリップやミスアライメントがあると、誤って体の部分に打撃を与えることがあります。誤って指のうちの1つを叩くと、裸の金属が打たれたときほどの衝撃はないでしょう。また、誤って槌が足に落ちた場合、その影響は通常の槌で引き起こされるほど大きくはありません。マレットの衝撃的な衝撃は、作業中に安全性が向上することを保証します。

ハンマーヘッドの面は、必要に応じて容易に回転させることができる。これは、一度摩耗し始めると簡単にシフトすることができます。面の位置を変えて、摩耗の少ない部分を利用することができます。カバーが完全に磨耗したら、交換が簡単です。ハードウェアストアから適切なフェーシングを購入するだけです。生皮のハンマーは、通常のハンマーとしても機能することができます。仕事がより多くの衝撃を必要とするときには、生皮の顔を簡単に取り除き、スチールの頭を使って仕事を終わらせることができます。ハンマーの多目的な面がその効率を高めます。

生皮カバーはハンマーヘッドを良好な状態で長期間保持するのに役立ちます。金属製のハンマーヘッドは、腐食や腐食のために経時的に変色することがあります。外観を改善するために、定期的に保護コートを施すことが必要になる。これにより、保守作業と全体的なコストが増加します。しかし、生皮面は有害なプロセスから金属ヘッドを保護します。