直角ドリルを使用する5つの利点

タイトスペース

トルク

多様性

拡張機能

コンフォート

直角ドリルは、ほとんどの工具箱で見つかる工具ではありませんが、多くの家庭の手すりは時にはそれらを持っていたがっています。これは、人々がこのようなものを必要とする異なる取引の人々によって一般的に使用されるものです。ライトアングルドリルは、多くの利点を持ち、実際の不利な点がないツールです。

ライトアングルドリルは、従来のドリルでは届かないスペースや、ビームやジョイストの背後にある狭いエリアにアクセスできるように設計されています。

配管のような仕事、あるいは何らかの木工の仕事では、パイプやその他の物を最も適した場所に取り付けることができるので、これは非常に貴重です。彼らはドリルを不快で不自然な角度に保持することなくワイヤーを走らせるためにスタッドをドリルで掘削することができるので、電気技師もそれらを愛しています。

これは直角ドリルの最大の利点であり、ほとんどの人が1アングルドリルを購入する理由です。通常のドリルが届かない場所でドリルをする必要があるときは、直角ドリルが答えです。

ほとんどの直角ドリルは3スピードモーターを備えています。必要なときにはトルクが十分に得られ、必要に応じてゆっくりと穴をあけることができます。これは、ローエンドの従来のドリルで見つけるよりも優れており、ドリルをフルに活用できます。

モーターが長く続くことも意味します。速度が異なると、重い使用からモーターを燃やす可能性が低くなり、重い木材をドリルで掘削することが求められます。

いくつかの直角ドリルは、駆動ヘッドの取り外しを可能にし、従来のドリルとして使用されるチャックを可能にする。これにより、通常のドリルに代わる理想的で汎用的な代替品になります。より多くの費用がかかりますが、はるかに便利です。

他のものは純粋に直角ドリルとして機能するので、その使用は制限されています。それでも、それが必要なときは、それは不可欠です。旧式のドリルを従来のものと直角ドリルの両方で動作させるもので置き換えると、はるかに多くの選択肢が得られることはほとんど疑いありません。

ドリルビットを拡張すると、直角ドリルが非常に狭い場所に達することがあります。従来のドリルでエクステンションを使用することも可能ですが、直角ドリルを使用すると、事実上、家のどこでもドリルが可能です。

拡張機能は最大30インチまで実行できます。大きな違いを生むことのできる屋根裏部屋の狭いコーナーで。そのように家を開くことで、妥協や調整をせずにプロジェクトを完了することができます。

ライトアングルドリルのサイドハンドルは、使用時のコントロールを大幅に向上させます。また、アングルドリルを使用する際にグリップとトリガーがねじれて、可能性を高めます。

困難な場所にアクセスする必要がある場合、ハンドルのデザインはドリルの使用をより快適にします。従来のドリルとは異なり、直角ドリルは両手で握って、その窮屈な場所に重さを広げます。