考慮する4つの電気セントラルヒーティングの安全上のヒント

1.適切な配置

2.あらゆる水源を遠くに保つ

3.家の配線の定期的な点検とメンテナンス

4.有効な安全証明書を保持しています。

電気セントラルヒーティングシステムは、ガレージまたは地下室に一般的に位置する主炉を使用して動作し、加熱要素を使用して電気を熱に変換する。暖かい空気は、最終的にあなたの家の周りに見られる空気ダクトや通気孔に圧送されます。電気加熱システムとガスシステムとの非常に重要な利点は、非常に強い健康リスクである一酸化炭素を生成しないという事実である。しかし、他のすべてのものと同様に、電気セントラルヒーティングシステムは実際にあなたの人生を節約するかもしれない安全対策を必要とします。

電気式セントラルヒーティングシステムを使用しているときにあなたの家を安全に保つための適切な措置を取ることが不可欠であり、非常に簡単な観察であなたとあなたの家族にとってより安全な環境を確保することができます。まず電気ベースのアプライアンスなので、問題を避けるため湿度のない場所に置いてください。湿度に問題がある場合は、部屋を断熱したり、除湿器を使用したりしてください。さらに、家電製品自体が非常に暖かく、暖房システムの周囲が過密でないことを確認する必要があります。炉のすぐ近くに置かれた物体、特に可燃物が過熱し、火災を引き起こす可能性があることに注意してください。

暖房システムは電気によって機能するため、水源を水面から離れた場所に置いておく必要があります。濡れた手で加熱装置に触れないようにしてください。感電の原因となります。水源や水道管の近くに配線しないことも非常に重要です。漏水がある場合に気付かないことがあるので、ウォーターパイプと電気配線を壁の内側で互いに近接して設置することは絶対に避けてください。

もう一つの非常に重要な安全予防措置は、定期的に配線に欠陥がないかチェックすることです。電線に傷や傷がついていない場合は、すぐにカバーを外して感電を防止してください。さらに、過負荷回路を使用しないことは非常に重要です。電気セントラルヒーティングシステムは機能するためには非常に高い電圧を必要とするので、同じ回路上に他の多くの電気器具を持たないことが不可欠であり、電気的過負荷を引き起こして火災を引き起こす可能性がある。したがって、誤配線をチェックし、電気回路に過負荷をかけないことが常に重要です。

実際の電気器具が安全であることを確認することが不可欠です。電気セントラルヒーティングシステムを購入するときは、安全証明書を尋ねてください。住宅やアパートを借りる場合は、電気安全証明書を要求する必要があります。あなたの家主は定期的な検査が行われ、テナントの安全のために適切な証明書が与えられていることを確認する必要があります。

これらは、電気セントラルヒーティングシステムに関しては、最も基本的な安全上のヒントに留意してください。しかし、たとえ非常に基本的であっても、これらの簡単な先端が観察されると避けることができる不注意によってほとんどの事故が引き起こされるので、安全上の最も重要な注意事項です。