蒸気バリアの5つの最良用途

水を損傷から守るための多くの用途

バスルームの繊維板の後ろに

放射床暖房の下で

外壁について

屋根裏の壁を覆う

地下防水剤

蒸気バリアは、あらゆるタイプの構造の重要な部分です。あなたが新しい床、壁、天井、ガレージ、倉庫、または地下室で作業しているかどうかは関係ありません。水蒸気バリアは建設の質にとって不可欠です。蒸気バリアは、主にプラスチックのライニングの一部と考えられています。しかしながら、蒸気バリアは、PVCパネル、液体ゴムコーティング、またはビニールシートであってもよい。

建築材料を水害から守ることになると、水蒸気バリアが不可欠です。それは、水分含有量、カビおよびカビによる損傷、および建物内の湿度に大きな違いをもたらす。蒸気障壁を使用する時期がわからない場合は、蒸気障壁の最良の用途の一部をお読みください。

蒸気障壁のための最良の用途の1つは、シャワーの繊維板の後ろの浴室内にある。自己完結型ユニットではないシャワーを建造する際には、ファイバーボード(セメントで覆われた乾式壁のような壁)が壁を覆うために使用されます。ファイバーボードを取り付ける前に、スタッドにプラスチックの蒸気バリアを置くことによって、壁のスタッドを保護して、その領域に含まれるシャワーから水分を保つことができます。

床に設置された放射加熱は、製品の効率のためにますます普及している。しかし、この輻射加熱は、温水を使用することによって機能し、つまり、パイプが汗をかき、水分が沈降したり、チューブ内に漏れが生じる傾向があります。輻射加熱管の上の床外装に施されたプラスチック製蒸気バリアまたはブラシ付きゴム製バリアは、床下を保護する。

今日、多くの人々が自宅の外装のためにビニールサイディングに目を向けています。このビニールサイディングを取り付けるには、古いサイディングをシースに取り付ける必要があります。サイディングを通って浸透する水分からこのシートを保護するために、このシースに蒸気バリアを設置する必要があります。

屋根裏部屋にスタッドが露出している家がある場合は、蒸気バリアを使用する必要があります。屋根裏部屋の湿度および熱は、通常の居住区域よりもはるかに悪い。屋根裏のファンは熱気の多くを放つ一方で、外気を吸い込みます。これは屋根裏部屋の含水量を増やします。スタッドと天井の梁をプラスチックの蒸気バリアで覆い、この木材をよりよく保護し、カビの成長を防ぎます。

家のために新しい土台を置く場合、行わなければならないことの1つは、壁の外側に水蒸気バリアを置くことです。液状ゴムシーラントは、蒸気バリアとして機能し、壁に容易にブラッシングされる。これは、地面が基礎壁に埋め戻される前に行われます。