説明されている2種類のダイグラインダー

ダイグラインダーは、円筒状の物体の内部を研磨して磨くために使用される特別な工具です。典型的には、ダイグラインダーは、その底端部に取り付けられた研削ノーズとして知られている円筒形の物体を有する。この物体は、ダイグラインダーに供給される様々な金属表面を研削し、研磨し、研磨するために使用することができる。さらに、ダイスグラインダーは、しばしば、金属の拍車を粉砕するために使用され、これらの拍車は、しばしば金属の配管接続に問題を引き起こす。つまり、ダイグラインダーの主な機能は、滑らかな金属表面を滑らかにし、それらの適切な機能を保証することである。

RPMおよび無負荷速度

すべてのダイグラインダの効率は、毎分回転数(RPM)と無負荷速度で測定されます。 RPMはグラインダーによる回転数を1分あたりとするのに対し、無負荷速度は、工具がアイドリングしているときのスピンドルの回転を指します。無負荷速度は常にRPMより高くする必要があります。そうでなければ、スピンドルが破損する可能性が高くなります。ダイグラインダーのRPMと無負荷速度の違いは、さまざまな種類の金属や仕上げに適しています。

ダイグラインダの種類

小型のハンドグラインダーから携帯型のダイグラインダー、固定式のベンチトップモデルまで、さまざまなタイプのダイグラインダーがあります。ダイグラインダーのサイズおよび製造は、主にグラインダーの機能に依存する。さらに、ほとんどのダイグラインダには、様々な機能に使用できる取り外し可能なアタッチメントが付属しています。つまり、ダイグラインダは電気で動くものと空気圧で動くものの2種類に大別できます。以下に、2種類のダイグラインダーの簡単な説明を示します。

ベンチグラインダー:ベンチグラインダーは、ハンドツール、カッター、ブレード、およびビットを研磨するのに最適な大きなダイグラインダーです。これらの研磨機は、作業台に固定された固定機械である。これらのグラインダーは、1/3〜1馬力の大型モーターによって駆動されます。このマシンは、タングステンやカーバイドなどのより硬い材料での作業に最適です。ホイールの直径も変化し、グラインダーの機能に応じて6〜10インチの範囲であり得る。

ストレートまたはアングルグラインダ:直線グラインダとアングルグラインダは両方ともポータブルツールであり、ベンチグラインダとは対照的に手持ち式です。これらの粉砕機にはホイールが付いており、ベンチで作業するには大きすぎる部分で作業するために使用されます。これらの粉砕機は、0.4〜15アンペアの比較的小さなモータが付属しています。これらの粉砕機は毎分4000〜11,000回転の速度で回転する。いくつかのグラインダーには、速度を調整するためのメカニズムもあります。速度が遅いほど表面の研磨性が良くなりますが、速度が速いほど表面の粗いテクスチャが得られます。重い使用のために使用する必要のある楽器では、高いアンプを備えたモーターを検討する必要があります。これにより、計測器は途中で減速することなく研削を続けることができます。