3つのコンクリートスラブ補強オプション

1.スチールメッシュ

2.鉄筋

3.繊維

コンクリートスラブ補強は、コンクリートの混合および注ぎ込みにおいて重要なステップである。コンクリートスラブの補強がなければ、コンクリートはその上に置かれたいくつかの物品の圧力に耐えられなくなります。コンクリートは強力ですが、強化すると2〜3倍長く続きます。以下の情報は、いくつかのコンクリートスラブ補強材について説明します。

このタイプのコンクリートスラブ補強材は、水平コンクリートの注ぎ口に非常に一般的に使用されています。最初にコンクリートの層を注ぎ、次いで新鮮なコンクリートの上にスチールメッシュを置く。残りのコンクリートは、鋼鉄メッシュの上に注がれる。これは、注入が急いでいる場合、スチールメッシュがコンクリートの底に沈むことができるので、難しいプロセスです。

鉄筋は一般的なコンクリートスラブ補強材です。これらは本質的に地面に垂直に張り付いた細い柱です。グリッドパターンを作成するために、他の鉄筋が垂直ポストを横切って張られています。次にコンクリートをフォームに注ぎ、鉄筋を補強するコンクリートをグリップします。

このコンクリートスラブ補強材は、ガラス、金属のビット、またはプラスチックであってもよい。繊維はコンクリートと混合され、次いで注がれる。