3プランジルータの修復のヒント

1 – 電源を確認する

2 – モーターを確認する

3 – ブレードの確認

プランジルータは、木工業界の多くの人々が使用するツールです。プランジルータは、通常、エッジではなく中央で木材を切断するために使用され、また、木材または切断デザインのニーズに応じて、変更可能ないくつかの異なるルーターチップを備えています。ルータに問題がある場合は、適切なビットがあることを確認するか、ルータを解体してすべての部品が正しく動作することを確認する必要があります。プランジルータを修理するためには、ドライバーのようないくつかの基本的な修復ツールが必要です。

電源接続は、ほとんどの電動工具では大きな問題です。突っ込み台に問題がある場合は、まず電源を確認することがまず必要です。プラグインのルータを使用している場合は、接続からルータを取り外し、プラグとソケットの両方を確認します。プラグの背面を回して、接続を確認します。ヒューズを交換する必要がある場合は、それを行い、ツールをもう一度試してください。バッテリ・ルータを使用している場合は、この電源をルータから取り外し、すべての接続を確認する必要があります。また、電圧計を使用してバッテリからの充電を調べたり、別のバッテリで交換したりすることもできます。バッテリーを交換した後にルーターが機能しない場合は、修理を行う前に、ツールから潜在的な電源をすべて取り外してください。

問題のもう一つの原因は、プランジルータのモータです。これは時間の経過とともに消耗し、ベルト機構を交換する必要があります。また、潤滑が不足するとモーターが回転しないため、モーターに1滴または2滴のオイルを追加する必要があります。ベルトを点検したり交換したり、モータの適切な場所(通常は矢印が付いています)にオイルを追加したら、工具をもう一度起動することができます。それでも動作しない場合は、別のものを試す必要があります。

次に、カッターヘッドに取り付けられているカッティングブレードを見てください。プランジルーターは木材と一緒に働くので、ブレードや機構が木材の破片や破片によって詰まることがあります。定期的なクリーニングは、これが起こるのを防ぐ必要がありますが、メカニズムの中に木材の枝が働いて停止することができます。ルータから見える木片を取り除くには、ドライバ、または針先のペンチを使用し、必要に応じて、部品をねじを外して完全にきれいにしてから組み立て直します。すべてのプランジルータをクリーニングしたら、それが再び機能しているかどうか確認してください。