4種類のスクリューガン説明

1.コードレス

2.オートフィード

3.乾式壁

4.照合

スクリューガンは、様々な職人が乾式壁、フレームハウスを吊るしたり屋根を取り付けるのに非常に便利なツールです。スクリューガンを使用すると、必要な場所に素早く効率的にネジを取り付けることができます。あなたが購入できる市場にはいくつかの主要な種類のスクリューガンがあります。コードレス、オートフィード、ドライウォール、コレットスクリューガンについては、こちらをお読みください。

コードレススクリューガンは多くのスタイルとサイズがあり、自宅や職場での使用に最適です。コードレスのスクリューガンはバッテリ電源が不足しているため、どこにでも簡単に使用できます。

欠点は、電源が安定していないため、パフォーマンスの利便性を犠牲にすることです。最小限の使用でも、バッテリーはすぐに故障する可能性があります。もう一つの問題は、コードレススクリューガンのパワーは、より小さな家庭用バージョンでは制限されているということです。ビルダーのためのコードレスモデルがありますが、あなたはそれらのためにプレミアム価格を支払うでしょう。

普遍的である1つの苦情は、スクリューガンが使いすぎることです。これが起こると、釘は時には簡単に取り付けることができます。ほとんどのスクリューガンでは、釘をセットするかパイロットホールをドリルする必要があります。その後、ネジのネジにビットを置き、表面に電源を入れます。

オートフィードスクリューガンは、ネジのクリップ上で動作します。あなたが使用しようとしているネジは、プラスチック製のシートの上に置かれ、スクリューガンに送り込まれます。銃を使用するときには、ネジを取り付け、プラスチックから離れたところに銃弾を置きます。シートが前進し、別のネジが取り付けられます。これにより、プロセスがより簡単かつ迅速になります。

ハンギングドライウォールは非常に面倒な繊細なプロセスです。乾式壁のネジをあまりにも深く置くと、乾いた壁を壊して破損する可能性があります。乾式壁のネジが浅すぎると、乾式壁がほとんどなくなり、重大な問題を引き起こします。ドライウォール・スクリュー・ガンは、ネジがドライウォールに沈められないように特別に作られています。また、これらの自動ガンオプションを備えたスクリューガンを見つけることができますので、迅速かつ迅速に使用することができます。

Collat​​ed Screw Gunは、多くのビルダーがすぐに武器に欠かせないツールであると判断している興味深いツールです。フレーマー、乾式壁掛けハンガー、屋根葺き屋、デッキビルダーの主な関心事は、ネジが緩んで問題が発生する可能性があることです。この潜在的な問題を解決するには、木材の表面の下にネジを沈めることをお勧めします。これは、表面の2インチ下のスクリューを動かすので、丁合いスクリューガンで可能です。乾式壁取り付けもあります。