4種類のファームフェンシングスタイル

1.ウッドフェンス

2.有刺鉄線フェンス

3.フィードスロットパネル

フェンシングスタイルは個人によって異なる場合があるので、ファームフェンシングは非常に一般的なDIYの仕事です。当然ながら、あるスタイルを他のスタイルに優先させる基準は、あなたの好みや予算に左右されます。あなたが考えるかもしれない4つの異なるフェンシングスタイルは、ウッドフェンス、有刺鉄線フェンス、フィードスロットパネル、フィールドフェンスです。

ウッドは住宅所有者の間で好まれるフェンス材料として残っています。あなたが多目的、魅力的、独創的かつ単純なものを求めているならば、実際には、木製のフェンスは完璧な選択肢になります。住宅所有者は、手頃な価格と使いやすさに感謝しています。適切に設計され、巧みに設計され、巧みに設置された木製のフェンスは、周囲と区別するだけでなく、その地域のクラスに触れることもできます。さらに、木製フェンスは、プライバシーと保護を提供する能力と相まって、長年の品質とお金の価値で知られています。

ウッドフェンスは、幅広いサイズ、色、種類、品質のものがあります。したがって、それはあなたの財産の価値の増加につながる可能性が高いので、あなたの家と敷地の全体的なスタイルと木製フェンスを一致させることが重要です。さらに、別の重要な問題はフェンスの設置であり、これはフェンスの持続時間と直接リンクしているからである。そのようなものとして、スチールポストは、他の材料が容易に錆びて崩壊し、フェンス自体の外観および強度を損なう可能性があるため、木製フェンスの構築に非常に有用である。

有刺鉄線を使用することは、特に農業分野で一般的なフェンシングスタイルの1つです。それは、複雑な木製のフェンスに代わるより迅速で安価な代替物を提供し、土地や建物への特定の入り口を支配するのに理想的です。農地を柵で囲むときは、家畜が逃げないようにすることが不可欠です。したがって、有刺鉄線の柵を設置することで解決策が得られます。実際には、動物は、剃刀の鋭利なワイヤーを犠牲にして怪我の危険性を伴うので、逃げることを控えるだろう。

野生動物を飼うこととは別に、有刺鉄線は何かを保つのにも効果的です。このフェンシングスタイルは、ローミング動物を賞品の花や野菜のパッチから遠ざけておくのに非常に便利です。有刺鉄線は効果的な抑止力として作用し、保護とセキュリティの感触を与えます。さらに、それは比較的安価で、セットアップにかなりアクセスしやすく、多くの人に好まれるフェンシングスタイルになっています。

これは多くの人にとって、最も単純なフェンシングスタイルとみなされています。飼育場パネルは、家畜を動物の大きさに対して異なる領域に囲むために使用される。養殖場パネルはまた、豚のような活力のある動物がそれらを破壊しないのを見て、その強さで有名です。さらに、敷設パネルは、パネルを取り付けてフェンスを形成するために、木製または金属製の柱を使用して、自立して設置することが比較的容易である。

4.フィールドフェンス

このフェンシングスタイルは、必要とされる土地が数多くあるため、通常は330フィートの長さのロールで販売されています。柵の長さの範囲があり、それぞれの長さは囲まれる動物の種類に対応しています。フェンシングを一緒に取り付けるには、通常、金属製のTポストまたは木製のポストが使用されるため、非常に丈夫で信頼性の高いフェンスになります。