4種類の浄化槽治療説明

1.バイオカルチャー添加剤

2.フィルターの使用

3.腐敗したタンクのポンプ

4.定期的なメンテナンス

敗血症のタンク治療は、敗血症治療システムのメンテナンスにとって不可欠です。タンク、排水場、および土壌はすべて、システムの動作に重要な役割を果たします。浄化システムは、適切かつ安全に廃水を処理するのに役立ちます。これらの水は、キッチン、バスルーム、洗濯機から生産されます。排水中に高濃度の細菌が存在するため、効果的な治療プログラムが不可欠です。以下は4つの治療計画です。

細菌のコロニーは、下水システムで自然に発生します。彼らはシステムが最高の状態で働くことができるため、重要な役割を果たします。腐敗系に加えられると、生物培養は細菌のコロニーが働く方法を強化する。それらは、敗血症系の職場における自然の生物学的プロセスを強化する。これらの培養物は、目詰まりした浸出場を浄化する必要がある場合に非常に有用である。さらに、生物培養物は、下水道システムにおける盛り上がったビルドアップの治療薬として高い有効性を有する。また、家庭廃棄物による汚染の影響を減らす働きもしています。

浄化槽の出口バッフルに流出液フィルターを設置することをお勧めします。この機能により、大きな固形物がドレイン領域に排出されるのが防止されます。浄化槽を汲み取るたびにフィルターを清掃する必要があります。また、浄化システムへの固形物の排出を最小限に抑えるために、洗濯機フィルターを使用する必要があります。流出物や洗濯機のフィルターは、あなたの腐敗のシステムを保護するために長い道のりを行く。

汚泥が下水道システムから排出されると、システムの負荷が軽減されます。システムへの廃水の流れは、タンクがポンプで送られるときに緩和されます。これにより、ドレイン領域に流入するスラッジの量が減少する。それはまた、敗血症のシステムと排水フィールドに休息の機会を提供します。家庭用洗剤および漂白剤からの化学物質の発生率の低下は、細菌コロニーの作業能力および有効性を増加させる。これらのコロニーは、排水分野に豊富なバイオマットに作用する十分な機会を得る。 3〜5年ごとに浄化システムを汲み上げることをお勧めします。これは、システムが定期的に排水されない一般的な発生である浸出場の不具合を防止するのに役立ちます。

厳しいメンテナンススケジュールは、浄化槽システムにとって最も効果的な治療の1つです。敗血症のシステムの年間検査も良いアイデアです。システムの負荷を軽減するために、いくつかの技術を導入することができます。世帯内の水の責任ある使用は重要な手段です。水の過度の使用は、敗血症のシステムを洪水させる。それはまた、より多くの固体をドレイン領域に放出させる。家庭での水の使用を広げると、システムを過度に使用しないようにすることができます。

また、水軟化剤の使用を減らす必要があります。軟化剤は浄化系への水の排出を増加させる。大量の水を使用しない柔軟剤を使用することが最善です。下水道システムへのゴミの処分も防止して、システム内の固形物の量を減らさなければなりません。