rvプロパンシステムをテストするための2つのヒント

3種類のテスト

安全対策

プロパン系のトラブルシューティングは、RVを維持する上で重要な役割を果たす。したがって、プロパンシステムの厳格な試験を実施して、適切かつ十分な機能を確保することが重要です。

RVプロパンシステムの中心であるレギュレータをチェックするために実行できる3つのテストがあります。まず第一に。このレギュレータは、プロパンシステムが14WCI以上で浸潤しないようにテストする必要があります。このテストでは、ロックアップテストを参照しています。ロックアップ試験は、安全性を確保するために毎年実施する必要があります。 2番目は、いくつかの他のプロパン器具の燃焼中にホルダーの圧力を調節する作動圧力システムのテストです。第3に、時限低下圧力試験はまた、プロパン系に漏れがあるかどうかを検査する。

また、プロパンシステムが安全対策を使用しているかどうかを確認する必要があります。これらの安全対策の1つは流量制限装置です。この装置は、最も基本的な安全対策の1つと考えられています。システムが過度の漏れに遭遇すると、ガスがプロパンシステムから逃げるのを防ぎます。プロパンシステムでは、火災や爆発を防ぐために黒色の感熱ブッシングを使用する必要があります。

プロパンシステムが安全対策を使用しているかどうかも確認する必要があります。これらの安全対策の1つは流量制限装置です。この装置は、最も基本的な安全対策の1つと考えられています。システムが過度の漏れに遭遇した場合、ガスがプロパンシステムから逃げるのを防ぎます。プロパンシステムでは、火災や爆発を防ぐために黒色の感熱ブッシングを使用する必要があります。